プロフィール

和田 翔
プロフェッショナルコーチプラン

和田 翔(Wada Sho)

【Business Career】
ジェーシービーに入社しマーケティング企画、コールセンター統括。
20代の終わりに星野リゾートへ転職し、沖縄県の八重山諸島にある星のや竹富島にて支配人を務めました。

その後、医療系ベンチャーへ転職。
組織開発のマネージャーとして、コンサルティング先の医療法人におけるミッション策定のファシリテート、社名変更プロジェクトリーダー、次期経営層/グループ会社社長の育成プログラム設計など、コーポレート基幹業務をリーディング。
その後、1,000名規模の事業部人事領域全般の責任者を任されました。
2022年春より同会社内にて組織開発・人材育成のエキスパート職に転換。
秋にはこれまで行ってきた個人事業主としての活動も法人化し、株式会社リンクライム代表取締役。

経験価値を重視したことから業種を絞らずに約15年で3社を経験。
結果として企業形態も大手、同族経営、ベンチャー企業と多様な組織で働いてきたことが、コーチとしてサポートするうえでも価値ある体験になっています。

職業選択の軸としては、”成長”と”自由”、そして”直感”を大切にしてきました。
何を成すかより、誰と成すかが最重要と考えています。最も関与度の高い周囲の5人の仕事観が自身に大きな影響及ぼすものと考え、身を置く環境を変えてきました。

2019年よりオフィスワーカーとして仕事をする傍ら、人の可能性を信じ、その力や想いを最大限引き出すコミュニケーションをより多くの人に届けるべく、プロコーチとしても活動を開始。
世界有数のコーチングカンパニーCTIにてすべてのコースを完了し、CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)を取得。後、国際コーチ連盟認定PCC(Professinal Certified Coach)。
2024年よりスポーツメンタルコーチングフィールドフロー認定コーチ。
経営者、企業幹部、マネージャー、若手ビジネスパーソンの他、士業、フリーランス、日本代表クラスのトップアスリート、同業のコーチや保育園の園長、妻のママ友など、幅広い方々にコーチングを行っています。

ストレングスファインダーTOP5:未来志向、自我、最上志向、自己確信、活発性

【Private】
◆家族 :奥さんと小学3年生、小学1年生の息子たち、トイプードル1匹と一戸建てで暮らしています
◆趣味 :ゴルフ、サッカー観戦
◆ハマっていること :ワーケーション、サウナ、ランニング、筋トレ
◆ストレングスファインダーTOP5 :未来志向、自我、最上志向、自己確信、活発性

よく担当するクライアントの年齢層

  • 25 - 34
  • 35 - 44
  • 45 - 54

コーチインタビュー

コーチの想い

  • あなたのビジョンは何ですか?(目指している方向性、創りたい世界観)

    あたりまえだと思っていること、変えられないと思っていることは、意外にそうでもありません。

    人には様々な”前提”があると思います。

    環境を理由に一歩を踏み出せていないことはないでしょうか。
    あなたが日々行っている選択や行動は本当に願う未来につながっていると思いますか。
    私には多くの”前提”があり、あきらめたり、続けられなかった経験がたくさんあります。今もそうです。
    その葛藤に向き合いながら一日一日、何をするか考え続けています。

    未来を描けている人は、より自分らしく、面白く、早く到達するためにはどうしたらいいのか。
    まだ描けていないと感じる人は、改めてあなた自身の”前提”を見つめなおすところからセッションをスタートしていきます。

    今のやり方、あり方が本当にあなたが願う未来に近づいているのかを丁寧に言葉にし、確認しながら、今より一歩でも理想の人生を歩むためのサポートをコーチとして伴走できればと考えています。
    描いた未来に向けて力強く一歩を踏み出すことは人生を面白くすると信じています。

    セッションも人生も楽しめるような時間を一緒につくっていきましょう。

    そのビジョンや想いができた背景は何ですか?

    はじめて転職を決めたとき、私には多くの”前提”がありました。
    首都圏から沖縄への移動、金融からサービス業への転職に伴う収入の変化により、安定的な生活は難しいものと考え、プライベートではなく仕事のやりがいを重視して生きることを選択したような感覚がありました。
    こういっては語弊があるかもしれませんが、レールを外れた感覚があったのです。

    しかしその”前提”は今思うと間違っていたように思います。
    環境や収入は大切ですが、その選択をしたからこそ今の景色があると思うのです。
    星野リゾートでまさか支配人を担うとは入社当時は思ってもみなかったし、その後沖縄で家族ができることも想像していませんでした。
    振り返って思うのは、根拠のない自信や、自分の直感的選択には何か意味があるということです。

    私には今、サッカー日本代表のメンタルコーチになるという夢があります。
    そこに”前提”は持ち込みません。できないかもしれない。その可能性の方が高いかもしれない。はじめはそう思いました。
    ただ、当時のコーチと目指すことを決めました。決めて動き始めたこと、そして徐々に結果につながってきていることが人生の充実感につながっています。

    プロのアスリートのサポートが2年前からはじまり、今では現役Jリーガーやオリンピアンのサポートする機会をいただきました。
    日本代表のメンタルコーチの知人も1年前はひとりもいませんでしたが、今は何人もつながっています。目標を持ち、行動をはじめることで回り始める歯車があることを体感しています。

    ”前提”を手放せば景色は変わる。
    それが私のビジョンのできた原点です。

    コーチングをする上で、最も大事にしている価値観や信念は何ですか?

    ①人は自身の課題を自ら解決する力が備わっていると信じていること。乗り越えられない試練は与えられない。

    ②クライアントの言葉ひとつひとつがオリジナルであること。言葉から創発されるイメージを勝手にコーチが解釈せず、そのひとつひとつに好奇心を向け続ける。

    ③クライアントが話してくださるテーマの背景に聴き耳を経てること。クライアントがみている景色の中から答えを探していく。

クライアントからの声

宮尾仁実

宮尾仁実 さん


コーチングを受けようと思った理由や目的は何ですか?

管理職となりマネジメントを行う中で、自身の知識不足や、チームづくりの課題感、自己成長が停滞してしまうような感覚を覚えるようになりました。そんなおり、尊敬する上長から「コーチングスキルを身につけるといいよ」と言われ、まずは自分がコーチングを受けて、体験してみようと思ったことがキッカケです。

このコーチで継続する決め手になったポイントは何ですか?

私はコーチングだけではなくティーチングの側面も欲しいタイプだったのですが、その部分を察知し「ティーチングもまぜましょうか」と提案いただけたことが大きかったです。なんて洞察力に優れた方なんだ!と驚きました。また、自分は尊敬できるなぁと思える人にコーチをお願いしたかったので、お話の雰囲気からも憧れや尊敬の気持ちを抱ける方だと思いました。

コーチングを受けた前後の変化や、感じたことについて教えてください。

もちろん、マネジメントとしての知識や考え方が広がりました。それだけではなく、日々の業務に忙殺されてしまって考える事を忘れがちな「なんのために働くのか」「なんのために人生を送っていくのか」「何が楽しいのか」といった、根本の部分と向き合うことをはじめられるようになりました。

どんな方にこのコーチをおすすめしたいですか?

私のように、管理職になりたてで迷うことが多い方や、プレイヤーからマネージャーになって今までのやり方から変化が求められる方などは、他の人の視点ももらいながら自分自身を見つめていけるので、とてもオススメできるかなぁと思います!

小川正隆

小川正隆 さん


コーチングを受けようと思った理由や目的は何ですか?

自分のキャリアについて、方向性やゴールのイメージがわかず、目の前の仕事やプライベートに対して全力で向き合えていないという実感があり、それを解消する手段になり得るのではないかと思ったため。

このコーチで継続する決め手になったポイントは何ですか?

常にポジティブな雰囲気で接していただき、自分自身で一歩踏み出せる勇気をもらえたため。

コーチングを受けた前後の変化や、感じたことについて教えてください。

受ける前は自身の未来に対してもやもやし、モチベーションを高く保てない状態でしたが、コーチングを受け、思考や感情を整理することで、行動すべきことが明確になっていきました。その結果自分の進むべき未来や迷いがなくなりました。

どんな方にこのコーチをおすすめしたいですか?

自分のキャリアや生き方、考え方に自信がない方におすすめしたいです。ポジティブな表情や言葉で背中を押してくれると思います。

K.S

K.S さん


コーチングを受けようと思った理由や目的は何ですか?

仕事上の行き詰まりを打開するため

このコーチで継続する決め手になったポイントは何ですか?

仕事上のご経験も元にしつつも、私自身からアクションが出るようにコーチング頂けた

コーチングを受けた前後の変化や、感じたことについて教えてください。

どう進めたら良いかも分からない、という状況から、これをやってみよう、と思えるものがある状態になった

どんな方にこのコーチをおすすめしたいですか?

同じように仕事上の経験不足で二の足を踏まれている方

性格タイプやセッションテーマを明確にして、コーチを選びたい方はこちら

実績

コーチ経験年数

4

累積クライアント人数

300

総セッション時間

2000 時間

コーチングセッションの進め方

  • ◆初回体験セッションの目的
    ①お互いを”知る”
    ②コーチングの概要を”理解する”
    ③コーチングを”体感する”

    ◆目安時間
    ①②を20分程度で行った後、③実際のコーチングセッションを30分程度行います。
    その後、セッションの感想をいただきながら、私からも気が付いた点などをフィードバックしています。
    最後に5分程度の質疑応答の時間を取り、1時間の体験セッションは終了となります。

コーチング資格 / 学習歴

  • 国際コーチ連盟PCC(Professional Certified Coach)
  • 米国CTI認定CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)
  • 米国CRR Global認定ORSC(Organization and Relationship Systems Coach)基礎修了
  • PSAエキスパート
  • スポーツメンタルコーチングフィールドフロー認定コーチ

セッションが調整しやすい時間帯

平日
早朝(7〜9)
午前(9〜12) × ×
午後(12〜19) × ×
夜(19〜23)

性格タイプやセッションテーマを明確にして、コーチを選びたい方はこちら

LINEで体験セッション前の事前面談(無料)申込みができます

下記QRコードを読み取りお友だち登録をお願いいたします。

下記ボタンをタップしてお友だち登録をお願いいたします。

QR
友だち追加