プロフィール

小林 磨衣子
プロフェッショナルコーチプラン

小林 磨衣子(Kobayashi Maiko)

愛知県立旭丘高等学校、名古屋大学法学部卒業。
司法書士資格を取得後、士業界(大手司法書士法人、弁護士事務所)・爆速成長ITベンチャー(dely株式会社)という対極のキャリアを経験。
図らずも一貫して、「経営者のパートナー」的立ち位置で歩んできたキャリア。プライベートでは起業家の妻。
前職人事担当時代にコーチングと出会い、コーチングを通して自分のなかの「本当」を思い出したことをきっかけに東京にて独立。

ーーーーー
▼コーチとして
■中小企業経営者、起業家、個人事業主
■ベンチャー企業の管理職
■対人支援職(士業、医師、コーチ等)
を中心に、「『本当』で生きる」ための時間をセッションを通じて提供。
扱うテーマとしては、人生の目的、思考のパターン、事業づくり、マネジメント等さまざま。

- 米国CTI認定プロコーチ CPCC®︎ (Certified Professional Co-Active Coach)

▼書作家として
活動名「玉翠(ぎょくすい)」。人や組織の「本当」を書を通じて表現。

ーーーーー
幼少期の不登校の経験、それ以来長年潜在していた自身への強い思い込みとの対峙、世の中・自身への憤り・葛藤、その過程で再会した自分の「本当」たち。

「本当」で生きるとき、わたしたちは、
自らの想像を超える現実と世の中へのインパクトを創り出すことができる。
「私は大丈夫。あなたも大丈夫。」。そんな前提でこの世界を生きられる。
大人たちを見て、子どもたちは自由に夢を描き、彼らも「本当」で生きていく。

そんな世界の実現のために、人が「本当」で生きていくための関わりを「コーチング」「書」を手段として実践中。

よく担当するクライアントの年齢層

  • 25 - 34
  • 35 - 44
  • 45 - 54

コーチインタビュー

コーチの想い

  • あなたのビジョンは何ですか?(目指している方向性、創りたい世界観)

    「本当」で、生きる。

    「本当」で生きるとき、わたしたちは、
    自らの想像を超える現実と世の中へのインパクトを創り出すことができる。
    「私は大丈夫。あなたも大丈夫。」。そんな前提でこの世界を生きられる。
    大人たちを見て、子どもたちは自由に夢を描き、彼らも「本当」で生きていく。

    そんな世界の実現のために、人が「本当」で生きていくための関わりを「コーチング」「書」を手段として実践しています。

    そのビジョンや想いができた背景は何ですか?

    私自身が、コーチングによって「本当」を思い出し、衝撃的な変化を経験したことが背景にあります。

    4度の受験(うち資格浪人期間2年)を経てやっとのことで取得した合格率3%の司法書士資格を手放し、30歳で上京してベンチャーに飛び込み、その後35歳でアーティスト兼コーチに転身、というキャリア。
    都度真剣に自分に向き合いキャリアを選択してきましたが、今の仕事にたどり着く前までの自分は、なぜかその選択に心から納得感のある説明をつけることができずにいました。
    その違和感が、前職で5年ほど走り続けたタイミングで顕在化します。
    「はぁ、疲れたな……」「なんのためにやっているんだっけ?」
    謎の疲れと、モヤモヤ。それでもなんとかキャリアを積み重ねていこうと、人事としてのスキルアップの目的でコーチングを学び始め、自分も受けるようになります。コーチングを通してわかったことは、
    ・ないと思っていた「本当」の願いが自分のなかにも元々あったこと
    ・それを叶えることができる「本当」の強みが元々あったこと
    ・それらの「本当」を発揮できなかったのは、幼少期の不登校の経験をきっかけに形成された「私は弱い/正しくない」という強い思い込みにより、まずは「そうではない」ことを、他人の期待に応え成果を出すことで証明する必要があると決めつけていたからだったということ
    本当に衝撃的な気づきでした。これらの気づきを通して、自分のことを深く理解し受け入れ、心から望む「本当」の生き方を初めて選択することができました。
    その先には、それまでは想像もできなかったような現実を創り出し、自分の望むインパクトを世の中へ届けられる「本当」の自分との出会いがありました。

    一方で、自分が人生の長い間「本当」を発揮できなかったことの大きな要因(家庭環境、教育、ひいては社会全体)への憤り、葛藤もそこから抱えることになります。
    しかし、コーチングを通してさらに深く自分と向き合うことで、その感情の奥底にあった「本当」の願い(上記ビジョン)につながりなおすことができました。

    まずは大人たちが自らの「本当」を生きること。それが社会全体を変えていくと信じています。

    コーチングをする上で、最も大事にしている価値観や信念は何ですか?

    クライアントさまの中にもうすでに、それぞれの「本当」が存在しているということ

性格タイプやセッションテーマを明確にして、コーチを選びたい方はこちら

実績

コーチ経験年数

1.5

累積クライアント人数

70

総セッション時間

300 時間

コーチングセッションの進め方

  • 【ステップ1:初回体験セッション】
    ①相互理解・認識合わせ
     お互いの自己紹介、コーチングご活用にあたっての目線合わせなど(※事前面談の内容を踏まえて、必要に応じて追加のご説明や、深掘り、認識のすり合わせをするイメージです。)
    ②体験セッション
     その時にお話されたいことをテーマとして、実際のコーチングセッションを体験していただきます。
    ③質疑応答ほか
     不安なこと、疑問点など何でもご質問ください。必要に応じて、体験セッションでお話した内容を踏まえてのフィードバックや、コーチングの場をどう活用するかのご提案等もさせていただきます。
  • 【ステップ2:導入セッション】
    ご継続を決めていただいた後の第1回セッションでは、セットアップの回として以下を中心に対話していきます。
    ■コーチングの関係をともにデザインする
    ■価値観を洗い出す・深掘りする
    ■大テーマを設定する
  • 【ステップ3:通常セッション(継続2回目以降)】
    前回から今回までの期間に起きたことや感じたこと、前回設定した宿題について振り返りをした後、クライアントさまがお話されたいテーマについて対話をしていきます。
    事前に準備をされてきたテーマでも構いませんし、振り返りのなかで「今日はこれについて深掘りたいな」と感じたことでも構いません。「テーマ」として言語化されていない状態でももちろん構いません。また、どんな領域(ビジネス、人間関係、家族、健康、お金、遊びなど…)のことでも構いません。悩んでいること、気になっていること、感情が込み上げてくることなど、そのときにお話されたいことをありのまま、自由にお話しください。

コーチング資格 / 学習歴

  • 米国CTI認定プロフェッショナルコーチ(CPCC®︎/Certified Professional Co-Active Coach)

セッションが調整しやすい時間帯

平日
早朝(7〜9)
午前(9〜12)
午後(12〜19)
夜(19〜23)

性格タイプやセッションテーマを明確にして、コーチを選びたい方はこちら

LINEで体験セッション前の事前面談(無料)申込みができます

下記QRコードを読み取りお友だち登録をお願いいたします。

下記ボタンをタップしてお友だち登録をお願いいたします。

QR
友だち追加